Node.js Express Generatorでアプリケーション作成から実行

macOSの環境下で Express Generator を使ったアプリ作成から実行までの内容を書いていきます。

Express Generator インストール

Express Generator をインストールしていない場合は npm でインストールします。

npm install -g express-generator

アプリ作成ディレクトリへ移動

今回はデスクトップで作業を行いますのでターミナルでデスクトップへ移動します。

cd ~/Desktop

アプリ作成

以下のコマンドでアプリケーションを作成します。*テンプレートエンジンには “EJS”、アプリ名は “sample-app” とします。

express --view=ejs sample-app

コマンド実行

% express --view=ejs sample-app

   create : sample-app/
   create : sample-app/public/
   create : sample-app/public/javascripts/
   create : sample-app/public/images/
   create : sample-app/public/stylesheets/
   create : sample-app/public/stylesheets/style.css
   create : sample-app/routes/
   create : sample-app/routes/index.js
   create : sample-app/routes/users.js
   create : sample-app/views/
   create : sample-app/views/error.ejs
   create : sample-app/views/index.ejs
   create : sample-app/app.js
   create : sample-app/package.json
   create : sample-app/bin/
   create : sample-app/bin/www

   change directory:
     $ cd sample-app

   install dependencies:
     $ npm install

   run the app:
     $ DEBUG=sample-app:* npm start

必要なパッケージをインストール

Express Generator でアプリ作成を実行すると package.json に必要パッケージが追加されますので以下のコマンドで必要なパッケージをインストールします。

npm install

コマンド実行

% npm install
npm notice created a lockfile as package-lock.json. You should commit this file.
added 54 packages from 38 contributors and audited 55 packages in 1.814s
found 0 vulnerabilities

アプリ実行

最後に作成したアプリを実行します。作成した sample-app ディレクトリ内で以下の実行用のコマンドでアプリを実行します。

npm start

コマンド実行

% npm start

> sample-app@0.0.0 start /Users/takuo/Desktop/sample-app
> node ./bin/www

表示確認

ブラウザに localhost:3000 と入力すると以下のように「Express – Welcome to Express」が表示されます。

アプリ終了

実行したアプリを終了する場合は、Control + c で終了します。

Control + c

アプリ作成から実行までのコマンド

Express Generator を使ったアプリ作成から実行までサクッと行いたい場合は以下のコマンドをターミナルに入力して実行します。

cd ~/Desktop
express --view=ejs sample-app
cd ~/Desktop/sample-app
npm install
npm start

コメント

タイトルとURLをコピーしました