データベース管理ツール Adminer のご紹介

データベース(MySQL)の管理ツールといえば phpMyAdminが知名度・シェアともに多いと思いますが、Adminer という1つのPHPファイルのみで動くデータベース管理ツールがあります。また MySQLはもちろん PostgreSQL, Oracle 等にも対応しています!

対応データベースの種類

本記事執筆時の最新の Adminer 4.7.6 では下記のデータベースに対応しています。

MySQL
SQLite 3
SQLite 2
PostgreSQL
Oracle (beta)
MS SQL (beta)
Firebird (alpha)
SimpleDB
MongoDB
Elasticsearch (beta)
ClickHouse (alpha)

Adminer 取得

Adminer公式サイトのダウンロードのリンクからローカル等にダウンロードして管理対象サイトのドキュメントルート直下などデータベースにアクセス出来る領域にアップします。

ダウンロードするファイルは “adminer-4.7.6.php” または “adminer-4.7.6-mysql.php” です。
※ -mysql がついている方は MySQL 専用ファイル

ログイン

http://localhost/adminer-4.7.6.php などのアドレスをブラウザに入力しアクセスします。 その後、データベース種類/サーバ/ユーザ名/パスワード/データーベース(ホスト)を選択・入力後にログインします。

ログインが成功すると下記のような画面に遷移します。こちらでSQLコマンドの実行/インポート/エクスポート/テーブル作成などデータベースの管理を行うことが出来ます。

利用時の注意

公開領域にアップして利用することになりますので、AdminerのファイルにBasic認証をかけたり予めBasic認証やIP制限されているディレクトリ配下にアップしてご利用されることをお勧め致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました